表現者

  • 2017.08.12 Saturday
  • 15:06

表現者にずっと憧れがありました。
自分の内にある感情や想いを
身体や声で、または形で表現できる
人たちに。
それは今も変わらずあります。

私にとって想いは
そんなに言葉に出来るものではなく
feeling。直感。

好きだから、行きたいから、会いたいから
気になるから、やりたいから
行動する。
それ以上の理由はあまり持ちません。
子供みたいですね。
ゆえに、もう少し熟考しなさいよ
って事も多いですけれど。

だから
何となく思考が優位になる
自分がいて私にとって文字は
自己表現方法としては少し違う
感覚があります。



代わりに
肉体を通した表現は
抽象的だけれど
強く胸に突き刺さり何とも言えない
感情が動きだすので
触れる機会が多くなります。
表現者の熱量を直接体感できるのも
好きなんです。

Kokia。
友人であり
アイリッシュハープ奏者の羽音。
彼女が紹介してくれる音が大好きで
Kokiaもそのひとり。
一度生で聴きたいと
思っていたアーティストでした。
私は彼女の声や奏でる音が

イマジネーションをかき立てて

くれるから魅かれています。

言葉を音に乗せて
メッセージを送る

表現者

です。


とはいえ、
そんなに曲を知っているわけではなく
実際、コンサートのセットリストも
2曲くらいしか聴いたことがありませんでしたが、それでも満足できる
素晴らしい時間。


宇宙が広がるというのでしょうか。
ちょっと別次元。
静かに力強い歌声。
彼女の表現力で音が曲が
生きている。存在しているんです。
私たちは目に見えない

細かい粒子のようなそれらを浴びて
浄化される、そんな空間でした。

圧巻

その一言です。

彼女が大きく動くわけでも
豪華なセットがあるわけでもなく
このコンサートに
必要最小限な楽器のみ。

ピアノにチェロ。
大好きな組み合わせで
(クラシックギター、ギター、パーカッションもありました)
彼女の歌を体験できたのも
贅沢でしたし、ラッキーでした。


さらに
私の席は1階のバルコニーで
何と私以外横は誰も来ず
超VIP席に!!

私だけの空間で堪能でき
他の方に影響されない席だったのも
良かったのかもしれません。



彼女は来年20周年なのだそうです。
色々と過去を振り返り
未来を見据えて新しい世界を
切り拓こうとしていて
それを意識したセットリストだったのかな。

この曲たちで
すべて今の想いは伝えましたって
聴こえて
アンコールなく潔く終わるのも
私はとても好きです。

フィールドは違えど
彼女の今と私の今がリンクしていた
ような気がしたから

音源を聴いていた時には気づかない

受け取るメッセージが沢山あり
やっぱり来るべくしてきたのだなと
感じずにはいられませんでした。


いつもは何かを観終わった後に
誰かとシェアしたくなるけれど
むしろこの夜は
ひとりで余韻に浸りたい気持ちに
なるほど、私の中に広がる
音の世界に酔いしれたのでした。
まるで私の背中に大きな天使の羽が
生えたかのような気持ちになり(本当に!)
苦手な渋谷の街を軽やかに
歩いていました。

彼女を観て感じたのは
表現者

と呼ばれる人たちは
ある意味 それが

使命

なのかもしれないと。
声を届けること。
表現すること。

ヨガでいうところのダルマ。
与えられた使命・役割り。

私のダルマは何なのかな。
誰に、何処に、何を伝えたいのか、
何ができるのか。


この人生で

何を表現していきたいのか。

そんなことを
ふと思い出させてもらった
大切な時間になりました。






ゆか

クリパルジャパン
www.kripalu.jp
ヨガスタジオOJAS
www.y-s-ojas.jp
ヨガスタジオ gllow
www.yoga-gllow.com



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM